助成金、就業規則は横浜の社会保険労務士

ナグモ社労士事務所

〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町6-104ー6F
桜木町、関内、馬車道駅から徒歩5分

お気軽にお問合せください  

045-264-8255

人事労務のお宝ブログ

育児・介護休業法の改正

育児・介護休業法の改正が6月9日に公布、令和4年4月1日以降施行となります。当然のことながら社員にとっては取りやすく、会社にとってはそれに伴い義務が発生します。ざっくり書いてみます。

1,育児・介護休業法の改正
①育児休業等の周知等に関する見直し
・妊娠・出産の申出をした労働者に対する個別周知・取得意向確認の措置の義務付け
・育児休業を取得しやすい雇用環境の義務付け
②育児休業の見直し
・有期雇用労働者の育児休業および介護休業取得要件の緩和
・育児休業の分割取得
③出生時育児休業の創設
④1,000人超の企業に育児休業の取得状況の公表の義務付け

2,雇用保険法の改正
①育児休業給付金のみなし被保険者期間の特例
②育児休業給付の改正

詳しくは下記をご覧ください。また育児休業に関しては事務処理が複雑で助成金も出ますので、わかりにくい場合は、当事務所にお問い合わせください。

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000788616.pdf                                  投稿日 2021/07/29

助成金と就業規則のナグモ社労士事務所
横浜市中区相生町6-104-6F

採用倍増セミナー

日本の2020年の出生数は84万人と、戦後最小となりました。コロナの影響があったにしても、ショッキングな数字です。予想を上回る減少で、70年代には200万人、つい最近までは100万人であったことを考えれば、恐ろしいことです。

これらに伴い生産年齢人口(15-64歳)の減少も凄まじい勢いとなっています。

企業経営で考えると、コロナが収束したときには凄まじい労働力不足の時代がやってくると思われます。仕事はあっても働く人がいない、という不幸な事態があらゆるところで発生するのではないでしょうか。

採用に大きな実績を残している企業があり(けっして人気のある職種ではありません)、そこの採用担当と採用業者の話がたいへん参考になったので、彼らを呼んでの少数セミナーを行うことにしました。

1人はサラリーマンなので、講師をこの場では名前は記載しないことにしました。

下記のとおりで行いますので、お問い合わせフォームにてご連絡ください。

 

採用倍増に向けて、「少数無料セミナー」
日時:7月13日(火)14:00
方法:Zoom

                                  投稿日 2021/06/17

助成金と就業規則のナグモ社労士事務所
横浜市中区相生町6-104-6F

雇用調整助成金、7月までは延長

雇用調整助成金のコロナ特例ですが、多少の改訂のうえで6月までの延長が決まってましたが、7月まで延長することが決まりました。これも多少改訂すると思われます。また、8月以降は雇用情勢を踏まえて検討するとなっています。

ワクチンが浸透するまでもう少しです。使えるものはすべて使って、何としても今の状況を克服しましょう。

下記を参照してください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/r307cohotokurei_00001.html

投稿日 2021/06/02

助成金と就業規則のナグモ社労士事務所
横浜市中区相生町6-104-6F

海馬/池谷裕二、糸井重里

十数年前の本ですが、改めて読んでみてとても面白かったです。

東大の脳科学者に対して、素人の糸井さんが興味半分で質問を投げかけていくのですが、そのやり取りがとても面白いです。

例えば、単なる暗記「暗記メモリー」と自分で試してはじめてわかることで生まれたノウハウのような記憶「経験メモリー」(糸井さんの定義づけ)では、「経験メモリー」が重要。脳が経験メモリーどうしの似た点を探すと、「つながりの発見」が起こって、急に頭のはたらきがよくなっていくのだそうです。それはべき乗(たとえば2の何乗)で、2・4・8・16・・・と成長いくのだそうです。これ、企業でいえば組織員どうしの刺激が非常に大きなり力となる、ということでしょう。

その他、脳の可能性のことがわかりやすく解説されていて、人を元気にする本です。

投稿日 2021/05/19

助成金と就業規則のナグモ社労士事務所
横浜市中区相生町6-104-6F

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-264-8255