求職に関して(発令するときの留意点)、リーダーシップについて

T 休職に関して<発令するときの留意点>

メンタルでの休職で悩む企業からの相談が後を絶ちません。就業規

則を拝見するとまだまだメンタルでの休職を視野にいれていないもの

もあります。メンタルの場合勤務させてよいのか悪いのか、復職の判

断やタイミングはどうするのか、休職と復職を繰り返す場合等、従来

の休職(スキーに行って足を折った等)の内容とは全く異なったもの

になってきています。
今回は最も頭を悩ます、休職発令と復職時に関して2回に分けて最近

の判例等を参考にして解説していきます。1回目は発令時に関してです。

1、就業規則の扱い


休職を与えるか否かは会社の自由ですが、休んだからと言ってすぐに辞

めてもらうことはないでしょうし、法的に問題にもなりますので、規程を作っ

て与えるべきです。 この場合事由や期間等、詳細に記載すべきです。た

だしメンタルの場合、後述するように単純に病気とくくれないケースもある

ので、事由には「その他会社が必要と認めた場合」等の包括的事由を定

めておく必要はあります。以下事例ごとに記載していきます。


2、事例に応じた対応方法


(1)メンタルな病気が疑われる社員の異常言動がひどく、与えられた

職務が 全うできず、職場を混乱させる場合 

これは休職命令の発令をすべきです。根拠は就業規則の私傷病

または包括的 事由(一般的な記載として)になるでしょう。この場合

労務提供ができない 状態なので、給与の支払はなしで問題ないで

しょう。通常は傷病手当金の請求ができるでしょう。


(2)メンタルな病気が疑われる労働者の異常言動が職場を混乱させ

るまでは至っていない場合

この場合休職命令は無理でしょうが、ほっておくのはもっ とよくあり

ません。方法として下記が妥当と思われます。


 @一定期間(1〜2週間)職場への出勤を禁止し、

 Aその間、精神疾患の医 療機関への受診とその結果(診断書)の

提出・報 告を行うことを業務命令として命じる。

本人への感情面での配慮、Aを強要できるか、この間の給与をどう

するか等 課題はありますが、本人のためにも、会社の安全配慮義

務からも一歩踏み込 んだ対応は必要でしょう。給与に関しては少

なくても休業手当(60%)の 支払は必須です。
 

(3)(2)ほどではないが異常言動がしばしばあり、与えられた職務

はこな しており職場を混乱させるまでではないが、職場の同僚は

気味悪がっている。

 この場合には本人や家族(本人の同意を得て)と協議を行い、一

定期間職場への出勤を止めさせ、医療機関を受診することを勧める

ことが妥当でしょ う。給 与は支払うべきでしょう。

 このレベルですと受診の勧めに応じない等もありますが、その場合

には人事 評 価や配置等、人事上の対応は必要でしょう。

3、休職命令について


 診断書等で継続的に就労が不能であるか否かの判断のもとで休職

命令を出す ことになります。ここで解釈や意見の違いでもめるケース

も出ますが、必ず しも診断書が必須であるわけではありません。(タカ

ラ事件・東京地判平4 .9.8)当事者、上司、主治医で3者面談を行い

建設的な方向を見出すことが ベターであるとは思います。

4、最後に


 メンタルな病気に関しては、本人はもちろん会社の上司や担当者に

とっても とても難しい問題となります。正解はないといえる事柄でしょ

う。 最悪死に至る病気ではあるので、担当者であっても、早い段階

で専門家等へ の相談を行うことをお勧めいたします。

 次回は復職時に関して記載する予定です。

※ この記事はビジネスガイド’15.3を参考にしました


U 「リーダーシップ」「夢」について/福島正伸氏に学んだ>


事務所のひっこしで書類を整理していたら、以前福島正伸という人

からメンタリングの講座で学んだテキストがでてきましたのでシェア

したいと思います。大きな気づきのある講座でした。

福島氏は自立型人材の育成、組織活性化や新規事業の立ち上げ、

地域活性化支援の専門家として20年以上にわたり日本を代表する

いくつもの大手企業、全国の地方自治体などで5000回、延べ20万

人以上に研修・講演を行い、大きな影響力のある有名なコンサルタ

ントです。

氏が主催する夢を実現するプレゼン、ドリームプラン・プレゼンテーシ

ョンでは、世界から人が集まる一大イベントとなっています。

1、リーダーの心得


<尊敬される上司となれ>

管理職とは自己管理職である。その役割とは、自らを律することか

らはじまる

(1)常に部下の見本となって行動せよ ・夢を持って、あきらめずに

チャレンジし続ける姿を見せよ ・仕事を通して、感動で泣くところを

見せよ

(2)部下に期待せず、信頼せよ ・部下に任せ、その責任はすべて取れ

(3)一番難しい仕事、誰もがやりたがらない仕事を楽しんでやれ ・成

長することで、どこまでのことができるようになるか見せて教えよ

(4)部下からの相談には、喜んで乗れ ・部下からの相談には、24時

間年中無休で乗れ ・自分の仕事よりも、部下からの頼まれ事を優先せよ

(5)学ぶ姿勢を見せよ。それは、部下から学ぶことである ・部下の発言

と行動を見れば、自分が何をしてきたかがわかる ・部下の長所から学び、

部下の短所は自分の出番 ・部下を成長させることよりも、自分が成長

する姿を見せよ

(6)怒るなら、尊敬されてからにせよ ・信頼関係がなければ、仕事

は分担できない

(7)部下と議論はするな、部下を説得するな、部下を感動させよ

(8)仕事とは部下を成功させるためにするもの

(9)一緒に仕事ができるだけで、毎日部下に感謝せよ


2、夢の十か条


第一条 夢は、自分がどのような状況にあっても、自由に描くこと

ができる

第二条 すごいことだけが夢ではない。身近で些細なことでも、す

ばらしい夢がたくさんある

第三条 夢を描く時は、できるかできないかを考えないこと

第四条 夢は、雰囲気を感じるほどまで、明確にすること

第五条 まわりの人や社会に役立つ夢を持つ

第六条 夢は、同時にいくつでも持つことができる

第七条 常に、今目指している夢を、一つ以上は持っていること

第八条 その夢を考えると、ワクワクすること

第九条 夢とは、どんな困難を乗り越えても、達成したいものであ

ること

第十条 行動してこそ夢。行動の伴わないものは、幻である


3、感想


「夢、大切だよな〜〜」、改めて思うものでした。