【助成金】 知ることが最初の一歩 
☆ 非正規社員が正社員になったら         72万円/1人
☆ キャリア形成を支援したら               60万円
☆ 技能検定合格報奨金制度を導入したら       60万円

『雇用保険の被保険者が一人いれば受給できるもの』から、
 『1000万円クラスのもの』まで、
たくさんの助成金があります。ぜひご連絡を!!

選択制確定拠出年金(DC)制度って何?

退職金または給与を原資として、確定拠出年金(以下、「DC制度」という)に拠出

するか、前払い退職金または給与で受けとるか、役員や社員が自ら選択できる

制度のことです。

企業型のDC制度において導入できるもので、

(1)退職金を給与として前払いで受けとるかDC制度に積み立てるか選択する

タイプ

(2)給与の一部を「生涯設計手当」等として再定義し、従来通り給与として受けとる

か、DC制度に積み立てるか選択するタイプ

等があります。

※ 確定拠出年金法は平成13年に国民の高齢期の財産形成を支援するために

作られた法律です

どんなメリットがありますか??

<<企業拠出の場合>>

会社が掛金を拠出する場合は、全額損金参入で退職給付債務なしで退職金の準備ができる点でしょう。というもの、退職給与引当金制度がなくなってしまった現在、退職金を準備するには、中小企業退職金共済制度等に加入する以外には、企業で独自に積み立てなくてはいけません。しかもその場合、準備段階では損金で落とすことができません。支払時に始めて損金処理をすることができます。

この制度を活用すれば毎月損金で落とすことができ、しかも確定拠出(掛金の約束しかしない)なので、退職金の支払が債務となりません。

<<個人拠出の場合>>

個人がDC制度に支払う金額は、給与でなくなります。つまり、税金その他のコストが安くなります。これは個人にとってもこの制度を採用した会社にとっても大きな経費の負担減となります。

<<その他のメリット>>

DC制度の運用先は投資信託や定期預金で構成されてますが、金融機関が店頭で販売している通常の商品より金利が高かったり、信託報酬が安くなってます。また税制に関しても、運用益も非課税、受給時もほぼ非課税(一時金は退職所得扱い、年金は公的年金控除の対象のため)なので、かなり有利な投資を楽しむことができます。