助成金、就業規則は横浜の社会保険労務士

ナグモ社労士事務所

〒231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町1-2-1-8C
関内、日本大通り駅から徒歩5分

お気軽にお問合せください  

045-228-9282

事務所ニュース

2020年

■2020年度の最低賃金 40県で1円~3円の引上げに

■短縮される雇用保険の基本手当の給付制限期間

■厚生年金保険の標準報酬月額の上限の改定

■深夜業に従事する従業員に実施が必要な健康診断

■新型コロナウィルス感染症に伴う月額変更の特例

■新型コロナで休業手当が支払われなかった人に支給される新型コロナ支援金

■2020年9月より変わる複数就業者の労災保険給付の取扱い

■改めて確認したい休憩時間の基礎知識

■新型コロナウイルス感染症に関連した雇用保険の特例

■社会保険の適用拡大等が盛り込まれた年金制度の改正

■見直しておきたい自転車通勤等の取扱い

■高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境づくりとその支援のための補助金

■休業手当を支給したときの定時決定(算定基礎)の方法

■新型コロナに感染の疑いがあり休む場合の傷病手当金の申請

■2020年5月25日に廃止されたマイナンバーの通知カード

■妊娠中の従業員等に対し実施が求められる母性健康管理措置

■拡充された雇用調整助成金の特例措置

■ハローワーク等での求人不受理

 

■65歳への引上げが予定される公務員の定年

 

■青色事業専従者の1人当たり平均給与額(2018年分)

■拡充される新型コロナウイルス感染症に関連した助成金

■非正規社員を雇入れた際に求められる説明義務

■賃金債権の消滅時効まずは3年へ延長

■高年齢雇用継続給付の縮小等、順次施行される労働保険の改正

■[労務]新型コロナウイルス感染症に関連した助成金

■[労務]新型コロナウイルス感染症に関する休業手当の考え方

■4月より健康保険の被扶養者の要件に国内居住が追加されます

■労働基準監督署の調査でよく聞かれる36協定(特別条項)に関する事項

■2020年度の社会保険料率の変更見込み

■子の看護休暇・介護休暇 2021年1月より時間単位での取得へ改正

■高年齢者の雇用状況と来春にも努力義務化が予定される70歳までの就業機会確保

■パートタイマーに対する待遇等の説明義務

■懲戒処分の種類と減給処分を行うときの留意点

■自社の労働時間制度・休日日数を見直す際に参考となる統計データ

■いよいよ2020年4月よりスタートする中小企業に対する時間外労働の上限規制

■育児休業終了日の繰上げ変更

■2020年4月から限度額の記載が必要となる身元保証書

■男性も利用できる厚生年金保険の養育特例

2019年

■確認しておきたい研修・教育訓練時の労働時間の取扱い

■任意継続被保険者の保険証の発行が早くなります

■来年より充実するハローワークの求人サービス

■障害者雇用納付金制度の対象事業主を判断する際の労働者数のカウント方法

■育児短時間勤務を運用する際のポイント

■労働基準監督署の調査でよく聞かれる36協定(一般条項)に関する事項

■パートタイマーの社会保険の加入要件と今後の適用拡大の方向性

■高校生を雇用する際の留意点

■今年も大幅な引き上げとなる最低賃金

■派遣先会社の立場で考える派遣労働者の同一労働同一賃金

■労働基準監督署の監督指導で指摘を受けやすい事項

■労災保険が適用されるか判断に迷いやすい具体的事例

■確認が求められる育児休業の延長・再延長の申出理由

■従業員の退職時に交付する退職証明書と解雇理由証明書の違い

■人材確保施策と活用を検討したい助成金

■企業に求められる従業員の精神障害発症を防ぐための対応

 

■同一労働同一賃金への対応でいま行うべきこと

■パートタイマーの所定労働時間を見直した際の随時改定の取扱い

■押さえておきたいマタハラの基礎知識

■介護離職の防止に活用できる助成金

 

■年次有給休暇の時季指定に関する実務上の注意点

■育児休業中に一時的に勤務した場合の育児休業給付金の取扱い

■今国会で成立した人事労務に関連する改正法のポイント

■いよいよ9月に発効となる日・中社会保障協定

社会保険の添付書類の廃止や署名・押印の省略の動き

年次有給休暇と子の看護休暇の違いの整理

働き方改革に取り組む中小企業が人材を確保する際に活用できる助成金

■働き方改革の一環として注目すべきフレックスタイム制

■今後さらに重要性が増すハラスメント防止対策

■確認しておきたい傷病手当金の支給要件(被保険者期間)

■電子申請で行うことが義務化される大企業の社会保険手続き

■時間単位年休を導入する際の注意点

■2019年4月からの産業医の機能強化等に伴い企業に求められる取組み

■男性はいつから育児休業を取得できますか

■平成31年度の社会保険料率

■中小企業にも適用されることとなる月60時間超の時間外労働への割増賃金率引上げ

■年次有給休暇の取得義務化に関する実務上の注意点

■4月より作成が必要となる年次有給休暇管理簿

■平成31年度より上限が変更される任意継続被保険者の標準報酬月額

■2019年4月より事務手続きが大幅に簡素化される

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-228-9282