助成金、就業規則は横浜の社会保険労務士

ナグモ社労士事務所

〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町6-104ー6F
桜木町、関内、馬車道駅から徒歩5分

お気軽にお問合せください  

045-264-8255

採用がうまくいく方法

採用を巡る経営環境

生産年齢人口が激減

 15歳から65歳の生産年齢人口(いわゆる働き盛りの人口)が激減しています。2015年には7728万人、2029年には7000万人、2040年には6000万円、2056年に5000万人と予測されてます。
 一方で高齢者が急増するので、介護に取られる人も急増するので、人手不足はかなり深刻になるでしょう。人手不足倒産で苦しむ会社も急増すると思います。

よく聞く、採用担当者の悩み

 職安からの応募は全くなし、業者からの応募も少なく採用までなかなか至らない、掲載時期を延ばしても、業者を変えても事態はあまりかわらない、こんな声をよく聞きます。逆に金額に糸目をつけずそれなりの人数を採用したにもかかわらず、退職者が後をたたないといったケースもあります。

労務管理・人事制度の整備

現状人員の退職防止

 まずは現状の人員がいかに辞めないかが最重要です。退職者が多いので採用で補っている会社もみられますが、費用も採用に割く時間も膨大になり効率が非常に悪くなります。下記のようなアンケート調査の結果もありますが、自社においての退職理由等を分析して、それらをつぶす作業は重要です。それが採用をしやすくすることにもなります。

1、人間関係が悪かった
2、評価・人事制度に不満があった
3、給与が低かった
4、社風や風土が合わなかった
5、残業・休日出勤など拘束時間が長かった
「エン転職」会員1500人に対するアンケート結果

魅力ある職場づくり

 これは上記退職者を防止するためにも、新たに採用するにも重要な事柄です。魅力的な会社にするには、下記がポイントではないでしょうか。

(1)ビジョンの明確化と社員との共有
(2)上記を実現する経営戦略
(3)良好なコミュニケーションと相応の労働条件

 上記を実現するため、法令に則った労務管理、納得のいく評価制度、不満の少ない給与体系等が必須です。

高度な採用活動

 これからは通り一遍の採用活動では良い人どころか、人そのものの採用ができません。求める人物像を明らかにして、優良な採用業者の選択が重要です。ただ求人誌に載せるだけではなく、より良い求人に向けて共同作業のできる業者を選ぶことです。そして、魅力ある会社であることの発信と、とにかく対象者に見てもらうことです。

当事務所の支援内容

 労務監査、就業規則整備等の労務管理、面接制度や評価制度・賃金体系等の人事制度構築を行うことが可能です。また、当事務所のクライアントから得た情報等により、上記を可能とする実績のある求人業者を紹介することが可能で、経営管理向上に対して業務を共有することも可能です。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-264-8255